読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康志向を馬鹿にして人生を棒に振った人のお話

40代独身OLがわりとどうでもいいことやコスメとかサプリの情報をのんびりと更新しています。

あいかわらず美容ケアについて思いをはせています。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

化粧水を塗布する際「手で押し込む」派と「コットン使用」派に分かれるというのをよく聞きますが、基本的にはご使用中の化粧水のメーカーが推奨する間違いのない方法で使うことを一番に奨励します。

コラーゲンが不十分だと皮膚の表層は肌荒れといったトラブルが起こったり、血管の壁の細胞が壊されて出血につながるケースも度々見られます。健康を維持するためにはないと困る物質なのです。

新生児の肌が水分たっぷりで張りやツヤがあるのはヒアルロン酸をふんだんに皮膚に含んでいるからです。保水する作用がとても高いヒアルロン酸は、肌の潤いを守る化粧水や美容液に配合されています。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代になると一気に少なくなり、40歳の頃には赤ちゃんの頃と比較すると、5割以下に激減してしまい、60代にもなると本当に少なくなってしまいます。