読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康志向を馬鹿にして人生を棒に振った人のお話

40代独身OLがわりとどうでもいいことやコスメとかサプリの情報をのんびりと更新しています。

本日も突然ですが美しさを保つケアについて綴ってみた

美白化粧品は乾燥するイメージが強いと聞いた人も多いと思われますが、この頃では、保湿効果に優れている美白用スキンケアも見られますから、乾燥が心配な人は一回ばかりはトライする値打ちはあるだろうと思っています。

今日に至るまでの研究によれば、胎盤から抽出されたエキスであるプラセンタには単純な栄養分ばかりではなく、組織の細胞分裂をうまく制御する作用を持つ成分があることが公表されています。

赤ん坊の肌が水分たっぷりで弾力性に富んだ張りがあるのはヒアルロン酸をたくさん含んでいるからなのです。保水する作用がとても高いヒアルロン酸は、皮膚の潤い感をしっかり保つための化粧水や美容液のような基礎化粧品に配合されています。

セラミドという成分は、肌のターンオーバーの過程で作り出される“細胞間脂質”であり、3%程度の水分を抱えて、角質細胞をセメントのような役割をして結合する重要な役割を有しているのです。

年齢を重ねたり強烈な紫外線に長時間さらされたりすると、体内のコラーゲンは固まって組織自体が硬くなったり量が少なくなったりします。こういったことが、顔のたるみやシワが出現してしまう要因となるのです。