読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康志向を馬鹿にして人生を棒に振った人のお話

40代独身OLがわりとどうでもいいことやコスメとかサプリの情報をのんびりと更新しています。

ヒマをもてあましてマイナス5歳肌を保つ方法についての考えを書いてみます。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

最近のスキンケアには欠かせない美容液は肌の奥深い部分まで行き渡って、根本から肌を元気づける栄養剤です。美容液の仕事は、通常の化粧品では到達しない肌の奥の「真皮」まで十分な栄養分を届けてあげることになります。

セラミドは皮膚の角層において、細胞と細胞の間にできる隙間でスポンジみたいな役割をして水や油分を守っている存在です。肌と髪の潤いをキープするために欠かすことのできない役割を果たしています。

美容液という製品には、美白あるいは保湿などといった肌に有効な働きをする成分が十分な高濃度で配合されているから、変わり映えのない基礎化粧品と比べ合わせてみると販売価格も多少割高となります。

有名な美容成分セラミドは、肌のターンオーバーとともに生み出される“細胞間脂質”のことで、3%ほどの水を保有し、角質細胞を接着剤のように固定する大切な機能を担っているのです。