読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康志向を馬鹿にして人生を棒に振った人のお話

40代独身OLがわりとどうでもいいことやコスメとかサプリの情報をのんびりと更新しています。

気が向いたのでふっくら素肌ケアの事を書いてみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

セラミドとは人の肌の表面において周りから入る刺激を抑える防護壁的な働きを担っており、角質バリア機能と比喩される働きをこなしている皮膚の角質層内のこの上なく重要な物質をいいます。

自然界には稀な成長因子を含む成分であるプラセンタは次々にフレッシュな細胞を作るように促進する役目を担い、体の中から末端まで細胞という基本単位から疲れた肌や身体を若返らせてくれるのです。

体の中に取り込まれたセラミドは生体内で分解され違う成分に変わってしまいますが、その成分が皮膚表皮まで行き届きセラミドの生合成が開始され、皮膚表皮のセラミド含有量が増大すると発表されています。

心に留めておいていただきたいのは「かいた汗が滲んでいる状態でお構いなしに化粧水を顔につけない」ことなのです。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水がブレンドされると肌に深刻な損傷を与えてしまうかもしれません。