読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康志向を馬鹿にして人生を棒に振った人のお話

40代独身OLがわりとどうでもいいことやコスメとかサプリの情報をのんびりと更新しています。

相も変わらずきれいな肌になるケアを書いてみます

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

美肌成分として重要な存在であるプラセンタ。安全性が実証された今日では化粧品やサプリメントなどたくさんのアイテムに使われています。ニキビやシミの改善に加えて美白などいろんな有益性が高い注目を集めている万能の美容成分です。

肌の表面には、ケラチンと呼ばれる丈夫なタンパク質を主体とした角質層と呼ばれる膜で覆われた層があります。この角質層の中の角質細胞と角質細胞の間を充填しているのが「セラミド」と名付けられた細胞間脂質の一つです。

「美容液」と一言でいいますが、幅広い種類がありまして、おしなべて説明することは不可能ですが、「化粧水よりも多く美容に効く成分が使用されている」という意図 にかなり近い感じです。

世界の歴史上の伝説的な美しい女性と知られる女性達が哺乳類の胎盤であるプラセンタを美容と若さを取り戻すことを目指して愛用していたといわれ、相当古い時代からプラセンタの美容に関する有効性が認識され利用されていたことが理解できます。