読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康志向を馬鹿にして人生を棒に振った人のお話

40代独身OLがわりとどうでもいいことやコスメとかサプリの情報をのんびりと更新しています。

今日も取りとめもなく美容の要点を調べてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

美容液を使わなかったとしても、瑞々しくて美しい肌を保ち続けることができるのであれば、それで結構と思われますが、「なにかが物足りない」と考える場合は、今からでも日々のスキンケアに使っていいのではないかと思います。

肌がもともと持っているバリア機能で潤いを保とうと肌は戦っているのですが、その有益な作用は歳とともに弱くなるので、スキンケアの保湿から不足してしまった分を補充してあげることが重要になります。

効果的と言われる高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに作られる“細胞間脂質”を指し、水を約3%程度保持し、角質細胞を接着剤のような役割をしてくっつける大切な働きを有する成分です。

美容液という名のアイテムは肌の奥深いところまで浸みこんで、内側から肌を元気印にしてくれる栄養剤と言えます。美容液の嬉しい働きは、通常の化粧品では到達しない「真皮」まで必要とされる栄養分を送り届けてあげることです。